広がるつながり (Connecting with like-minded people in Japan)

2007年最後の満月・瞑想をクリスマスイブのドレスデンで行い、2008年は日本で迎えました。前回の滞在時もつながりに驚きの連続でしたが、今回もなかなかです。

1月スペシャル土曜の朝ヨガ3回シリーズをしましたが、先週はなんと約30名でが和室がいっぱいになり、びっくり!以前オーガニック・カフェでお会いした地域の育児ニュースレターにらめっこの編集長さんが、ヨガに興味がおありで、編集部内の一部屋でミニ・ヨガ教室を一度開いたご縁で、次回の滞在時には場所を借りてぜひたくさんの方とヨガをしましょうといって頂きました。新年明けてご連絡すると、ぜひ今週の土曜日から始めましょう!とすぐ各務原市那加福祉センターに予約を入れていただきました。公園に囲まれた落ち着いた場所に木に囲まれた素敵な場所。告知から3、4日であったにもかかわらず、にらめっこさんのホームぺージと妹のママ友つながり、またちょうど中学校の同窓会があったため、私の友人も応援にかけつけてくれ、12名の好スタートとなりました。その日はデトックスがテーマのヨガ。ヨガ後はあっという間に時間切れとなり、お名前をきく暇もないままお帰りになった方もいて、もう少しお話できる場所がほしいと思いが残りました。

託児は?という声もきかれたため、実家の近くのオーガニック・カフェ、スナオ・カフェで見つけた絵本の会を主催する元保育士さん中心のNPO団体へーレンさんにさっそく連絡。センターにも一室だけ空きがあり、お預かり保育を受け入れていただけました。そしてヨガ後参加者の方が団欒していただける場所もできたというわけです。

さて初回のヨガ後、岡山から来た友人とエンジョイカフェ・オハナの有機食ランチに出かけました。以前にらめっこさんとお会いしたところです。そこで新しいオーナー夫妻と意気投合し、ヨガの案内は?といわれました。息子のお絵かき用に持ち歩いていた蜜蠟クレヨンと紙にヨガのお知らせを書き、友人の提案で個人レッスンのお問い合わせも付け加えたら、といわれ笑いながら書き込みました。これがカフェのオーナーの個人レッスンにつながるとはつゆ知らず。。。その後、にらめっこさんの案内にあったナガラマーケットという有機のお店を探索に。またオーナーと意気投合して、チラシを書きました。その後、MBカフェという自然農法のカフェに寄ります。おいしいワッフルを頂き、自然農の講座案内を見て、子どもにも農業体験できますか、ときいてみました。いつでもいらしてくださいとのお返事を頂けました。

同窓会であった同級生にもマクロバイオティックの玄米食で健康を取り戻した話をきき、一緒に遠方の玄米食レストラン、空っ歩さんに連れて行ってもらいました。久しぶりの再会にとめどもなく話し続ける私が、ヨーロッパの農の共同体の話をしていたところ、スタッフの方がエコ・ビレッジに興味があるなら、ミーティングに来ませんかとのお誘い。今年は土地を購入するなど、具体的な行動にうつす年ということでした。私が思い描いていたライフスタイル、エコ・ビレッジのような緩やかな共同体暮らしが身近にこんなに簡単に見つけられるとは!しかもドイツのデメター(高品質の有機農産物)農場にステイをしていたのだそうです。

こうして自分の興味本位で食べ歩きをした縁であっという間に価値観を共有する色々な人とお話ができ、つながりができました。これは今後も一時帰国が楽しみです。以前ガイドをしている友人とオーガナイズしたいといっていたドイツ・エコ・ツアーにも是非行きたいという人がたくさん。意識の高い人達はもう目の前にいた!という感じです。また今後もヨガ続けたいけど、お帰りになってしまって残念ですという声があったため、神戸や奈良の先生にひと月に一回くらいの割合で続ける話を進めます。せっかくのヨガつながり、単発で終わらせるには勿体ない。

そして、もう一つの面白いつながり。
ある日家族でながら川沿いの温泉付き旅館にいきました。おいしい和食に舌鼓をうった後、二男と温泉に向かいました。一歩のれんをくぐり足を踏み入れると、クンダリーニヨガの音楽がかかっています。クリムゾンというシリーズで、あのスピリチュアル・カウンセラーの江原さんも瞑想に使っているものです。きっとクンダリーニヨガの音楽とはほとんどの人が知らずに使っていると思うのですが。しかもかかっていた一曲というのが、次男誕生後に一日中かけてマッサージをしながら歌っていたもの。思わぬところで温かいお迎えをいただいたわ、と感動しました。次男はさっそくワへドーワへドー(ときこえるらしい)と口ずさみながら、私を見てにっこり。
甥達も、「綾ちゃんの音楽かかっとったねえ。」
こんなところにも流れているなんてすごいです。エジプトにいった時、ホテルのマッサージルームでかかった時もびっくりしましたけど。

長男は実家のそばのシュタイナー幼稚園に一時編入でき、素敵な先生や子どもたちに囲まれ、朝起きると「ママ、もう起きていい?」というほどの楽しみようです。ここも、前出のオーガニックカフェで2年近く前出会ったお母さんに教えていただき、無理を承知で一時編入のメールを書くと、ご本人にお気にいっていただければ毎日どうぞ、と温かいお返事を頂きました。

未就園児の親子教室もあり、ドイツから引き続いて、次男とも週に一度通えることになりました。価値観の似たママ友に会える、しかも日本語でお話できるのは何よりです。そして、そこでオーストリア系アメリカ人、カナダ人とそれぞれ結婚された方にお会いできたのにはまた驚きました。岐阜も多文化になったものだと。ドイツの有機もの販売の生協、ビオ・ストアで買ったグリューワイン(独特のハーブの味のある温かいワイン)・キンダーパンチ(アルコールのないパンチ)のもとを使って、クリスマス・シーズンに欠かせないこの飲み物(ワインの方ではなくて!)をつくり、クリスマスマーケットの話などをしたり、皆興味津々の本場ドイツのシュタイナー教育についての質問攻めにあったり。

今日は出版社の編集者の方と名古屋の自然食レストランでお会いました。ドレスデンの、スローフードならぬ、スローなナチュラル・ファミリーライフを書いた原稿がいよいよ秋頃出版される見通しになったのです。これは、育児中に感じたことなど日本ホリスティック教育協会のニュースレターに投稿していたものをまとめたものです。お子さんもご一緒にどうぞと言っていただいた素敵な編集者さんでした。ついてくることになった次男は電車に乗る気満々でした。たくさん食べた後、おしりがいたい、、、と言い出したので、「うんち?トイレにいく?」ときくと、うん。自然食による賜物に、誇らしげな様子。日本の電車では、子供た寝ていてもベビーカーを折りたたむのが当然ときいていた私は、すいていた帰りの電車にベビーカーで眠った全をのせたままで乗車。ほっとしました。
ドイツでお知り合いになっていく方とのつながりやその話の内容はいつも面白いと常々思っていましたが、ドイツで起こっていることは、日本でも同じ用に起こっていて、つくづく世界の動きは連動しているのだと実感しています。ほんとに時代は、ピンが落ちても反応するように、少しのきっかけでたたたっとことがつながって広がっていく敏感な時期に来ているのだと肌で感じる今日この頃です。ヨガで呼吸と体に集中することで、頭の中の雑念から解き放たれ、もっともっと体にも地球にもいいことを感じて実践していきたいものです。その静かな中でのつながりこそ、恐怖でがちがち、常に敵味方、競争心に追われる私達を一つにしていく唯一の道。

今週のヨガではどんな方たちとお会いできるのか本当に楽しみです。

日本より Sat Nam, 野澤綾子

 

One Response to “広がるつながり (Connecting with like-minded people in Japan)”

  1. 宮部 智恵美 Says:

    こんにちは。お元気ですか?
    先日、各務ケ原でクンダリーニヨガに参加させていただきました宮部智恵美です。
    覚えていらしゃいますでしょうか?
    一緒に参加しました坪井庸子ちゃんに、綾さんからリップクリームを戴いたよと連絡がありました。
    本当にありがとうございました。
    仕事で忙しく電話も出来ないまま綾さんが帰国してしまい、直接お礼の一言も言えないままで本当に申し訳ありませんでした。この場をお借りしましてメールさせていただきます。
    コスメの銘柄も沢山教えていただきましてありがちうございました。
    これからいろいろ勉強をしていき自分がいいと思えることをしていきたいと思います。
    また、クンダリーニヨガが開催されるみたいで、なかなか仕事のスケジュールが合わないのですが参加出来たらと思います。
    今の私には心身共にデットクスが必要です!(笑)

    また綾さんにお会い出来るのを楽しみにしています。
    それまでに自分も大きく成長していられたらと思います!

    毎日生きて幸せを感じられる事に感謝して。

Leave a Reply