Feb 13 Human chain against Neo Nazis in Dresden (ドレスデン爆撃の日+ネオナチ・デモ阻止した市民の力)

Feb. 13 and 14 are the days Dresden was bombed
during the World War II (65 years ago).
People used to pray with candles for about 20000 lost lives.
Neo Nazis from all over Germany started to use this
day to have a big demonstration against foreigners.

This year 10000 citizens, hands in hands, have gathered
in the snow to stop the demonstration.

I was ill at home and wonder how we can create the energy
of pro-peace. It is by living it. We need to be careful not to
put anger into the movement. It creates more anger.

Vancouver Winter Olympics started and people from
all over the world are gathering together.                                                                                         I believe the power of people.and all over the world.

Ayako Nozawa, Dresden

Japanese follows-
今日と明日は65年前第二次大戦においてドレスデン爆撃のあった
日です。以前は慰霊の日として、聖母教会にキャンドルをもって
祈りを捧げていたのが、ドイツ中のネオナチがこれを逆手にとって
対外国人のデモをする日となってしまいました。

今日は、よびかけにより寒空の雪の中、1万人の市民(+他の地域
からも)が人間の輪をつくりそのデモをストップしました。
自宅でひどい風邪をひきながら、平和のエネルギーをつくるに
あたって、「何かに対抗して」という怒りや他人と相手を区別する
エネルギーには気をつけなくてはと考えていました。

バンクーバーオリンピック始まりましたね。
色々な国が集うこの平和のエネルギーはすばらしいものです。

この人々の心を信じます。

心の平和と世界の平和を祈って。。。野沢綾子

Comments are closed.